21.01.19

シーン 

大きな爪のネイルの仕方

大きな爪だからネイルをすると手が大きく見えてしまう、可愛く見えずにいつも派手に見えてしまう、等と悩むことはありませんか?大きい爪だからといってネイルが似合わないわけでは無いです。ネイル色の選び方や爪の形が膨張させて大きな爪に見せている場合もあります。じぶんの爪の形を把握して小さく魅せるネイルの仕方をチョイスしましょう。

 

小さく魅せるためのネイル色

大きい爪に濃い色をつけると爪が目立ってしまいかえって大きく見える場合があります。薄く見せようとベージュ系の色を選ぶのはいいですが、組み合わせによっては膨張して見えてしまいます。ベージュ系を選ぶのであればパールのない物を選ぶといいです。パールの輝きは爪を膨張させます。輝きが無い事で指との一体感が出て指が長く見え爪が目立たなくスマートに見えます。ネイルアートを施したい場合は先端の二分の一から三分の一程度にしておくといいですね。

 

爪の形はラウンドがおすすめ

ラウンドとは、爪の先が全体的に丸みを帯びた形の事です。爪のサイド部分はストレートにし、先端をカーブさせて整えます。爪の先端の形を指のカーブと揃えると指と馴染んで見えるのでまた印象がかわります。あまり長さを出さない人にもおすすめで、かわいい系のネイルに向いています。

 

爪の形はラウンドがおすすめ

ラウンドとは、爪の先が全体的に丸みを帯びた形の事です。爪のサイド部分はストレートにし、先端をカーブさせて整えます。爪の先端の形を指のカーブと揃えると指と馴染んで見えるのでまた印象がかわります。あまり長さを出さない人にもおすすめで、かわいい系のネイルに向いています。