21.02.8

デザイン ネイル方法 

様々なデザインに囲みネイル

囲みネイルとは爪の淵を線取りするように、ラインやパーツを使って囲むデザインのネイルの事です。ラインを引くことでまとまりのなかったデザインでも一気に引き締めてくれるので、何か物足りないな、と思うようなときにプラスするのもおすすめ。どんなデザインにも応用が出来るので覚えておいて損はないですよ。

 

べっ甲の囲みネイルで大人っぽく

べっ甲だけでも大人っぽいですが、囲むことで他の子とはちょっと差をつけることが出来ます。べっ甲ネイルの中に数本だけ薄めのピンクにべっ甲で囲みを作りワンポイントに。片手ずつ違うテイストで囲みを持ってきてもおしゃれですね。

 

シンプルカラーでも色合いで差をつける

ワンカラーだけに囲みネイルをすると、ぐっと雰囲気が変わります。2色だけなのに他のアレンジと違って見えるのが囲みネイルのポイント。コントラストが強めのカラーを使って囲みネイルをすることで全体に一体感が出ます。囲みの色とネイルの色を入れ替えて両手にデザインしても一体感が出ます。

 

パーツで囲む

パールはどんなカラーとも会うので好きなカラーに規則的にラインを作って囲んだり、ゴールドのチェーンで囲んで華やかな雰囲気に。ヌーディーな色合いに囲みを作ってメリハリをつけるだけでずいぶんと印象がかわります。ホログラムで規則的に囲んでも、ちょっとしたアクセントが欲しいときに足すだけなので便利です。

 

囲みにデザインを取り入れて

囲み部分のラインに変化を加えるとますます華やかになります。ぶくっと立体感を出して囲んでもアクセントに、花柄で囲んで女性らしさを演出、囲みフレンチでかっこよく、ライン部分に変化をつけるとまた違った雰囲気が楽しめます。

 

普段しているネイルにちょっと囲みを足すだけなのにこんなに?と思うほど雰囲気が変わるので是非試してみてくださいね。